Professional of aesthetics

エステティシャンの資格について

エステティシャンは、需要の高まりがみられる職種です。
しかし専門性の高い技術や知識を必要としているにも関わらず、国家試験合格を必須としない業界です。
そのため、複数あるエステ協会や法人が独自に民間の資格を推進し技術の向上に努めています。
資格がなくても業界に入ることはできますが、知識や技術がないとみなされ、施術ができるまでには時間がかかります。
大手サロンの場合、独自に学校を持っている事が多く、学校を卒業している事が就職の必須となっている場合もあります。
しかし、大手を希望せずとも、エステティシャンを目指すのであれば、学校で学ぶ事は今後必須となっていくと考えられています。
さらにこの業界は日進月歩であり、常に知識や技術の向上が求められます。
また独立や店長クラスを目指すのであれば、もっと上級の資格取得が必要となっていきます。
エステ業界は、顧客のニーズや最新の技術に対応するため、常に勉強は必須であり、向上心が重要です。

エステに関する資格とは

エステを仕事にする際には国家資格はありませんが、いくつかの基準となるものはあります。
お客様の立場として、選ぶ際に基準があったほうが安心できます。
一般社団法人日本エステティック協会や日本エステティック業協会などが認定資格を出しています。
基礎知識を習得し店舗などで勤務し仕事ができる基本のものと、幅広い経験や知識を問う上級のものがあり、将来独立し自分のお店を開業したいと考えている方は、上級のものを習得しておくことをおすすめします。
広い視野からみれば、フェイシャルケアやボディケア・脱毛ケアの分野がありますので、美容脱毛士も有利です。
国際組織CIDESCOが実施している国際ライセンスは、国内外で活躍できる資格です。
厳しい条件が決められていますが世界で33カ国が加盟しており、目標とするのもよいでしょう。
個人で独立開業をした際には内面からの栄養学やセラピー、ネイルなどのスキルがあれば幅広い需要に応えることができます。

pickup

2017/4/13 更新